新築建売-諸費用大幅OFF ➡ ➡ ➡ 詳しくはコチラ

日本の住宅事情。低断熱の日本の住宅

こんにちは。
北ながの不動産のやまやんです。本日もよろしくお願いいたします。

さて、、、

2023.01.24のモーニングショー。
日本の家は世界的に見て室内温度が低いそうです。WHOは常時18度以上の気温を強く推奨しているらしいが、日本でその基準を満たしている地域は、北海道、新潟、千葉、神奈川、静岡の5地域だけだそうです。

北海道は流石です。寒さが尋常でないので対策が出来ているという事でしょうね。全館&集中暖房が標準化しているからでしょう。新潟も雪国ですから雪対策、寒さ対策が出来ているんでしょう。

モーニングショーでも言っていましたが、特に高齢者の中には、「寒さは美徳」「冬は寒いもの」の意識があり、あえて対策しない事があるという。

僕と、80を超える母の会話
僕「僕の家、リフォームして浴室暖房付けたらとても具合イイよ!」
母「あたしは、脱衣場のストーブなんか使ったことないよ!寒くなんかないわよっ」
僕「濡れた体拭く時寒いでしょ?」
母「すぐにリビングのストーブの前にいけば平気だよ!寒くなんかないよっ」

これ、どう考えても、「寒さに強い私はえらい」の考えですよね。
冬でも半ズボンの小学生と同じですよね。

実家のトイレも当然寒いです。ほぼ外気と同じ気温です。
兄が、母親を心配してオイルヒーターを購入設置しました。18度程度に設定しましたが、いつの間にか温度設定を変更して10度設定になっていました。
僕「トイレの暖房、10度設定なってたよ、寒いでしょ?」
母「トイレなんかに電気代もったいない。10度でいい!」

もう、この考えで83年生きてきてますから、これ以上は強く言えませんね。

これから住宅を検討している方々は、健康の事を考えると高気密&高断熱&全館空調がBESTなんでしょう。
でも、光熱費が高騰している今は結構な負担になる。
そこで、、、太陽光発電だそうです!

これ、でも・・・設備投資とのイタチごっこですね

最後までお読みいただきまして有難うございます。
また是非お越しくださいね
(^^)/

ブログ記事の管理人

やまやんのアバター やまやん 代表取締役

こんにちは。やまやんです。
北長野駅(長野市)に近い住宅街で不動産店を営んでいます。不動産の購入や売却について、いつでもお気軽にご連絡ください。不動産のことやニュースのこと、愛犬のことなどブログに綴っています。拙いブログですがよろしければお付き合いいただけると嬉しく思います。
追記・・・愛犬の「やっこ&おはぎ」と朝晩の散歩が日課でしたが最近、訳あって家族が1名とワンコも1匹増え3匹連れて散歩してます。